韓国カラコンで送料無料を求めるのはムダだと思う根拠

通販において送料は避けることが出来ません。商品を運ぶわけですから、店か客のどちらかが送料を負担しないといけないのは言うまでもありません。
単価が安い商品だったり、購入金額が安い場合は、客が負担することが多いでしょう。
逆に高額な商品は店が負担してくれることも多い傾向にあると思われます。

ただ例外もあります。それは韓国カラコンなどがそうですね。
センスマニアのような韓国から個人輸入サイトで買うようなものは、金額にかかわらず送料がかかったりすることも多いでしょう。メイクルームも同様です。
みんカラのように送料無料なサイトもありますが、少数かと思います。

ではウィッグではどうでしょうか。これが結構フルウィッグなど5,000円以下のものでも送料無料のサイトが見つかります。
ジャンルによる原価の違いもあるでしょう。ただ、一つの店がそういう対応をしだすと、他も追随することもありえます。

買う側からすると、同じようなものが売ってる場合、送料無料のほうを選びたくもなります。
全く同じもので価格を比較する場合は、送料込みでいくらになるかを考えればよいのですが、ウィッグの場合、各ブランドのオリジナルとなると、比べるのも容易ではありません。
ですので、特に楽天などのショッピングモール内の店舗でも、送料無料だったり、すぐに届くのをメリットに挙げてアピールしてる店が多いのかなと思います。

そもそもカラコン自体どこで製造されていようが、どこで販売されていようが、危険であることに変わりありません。それを否定する人はいないでしょう。それでも着けたいと思うのであれば自己責任でとなるわけですが、クチコミを見てて思うのは、非常に不快感を持って装着してる人もいるし、快適に着けてる人もいるわけです。
その違いは何でしょうか。一つは目の状態が人によって違うことがあげられるでしょう。
元々目に何か疾患があっても気づかないことはありえます。そのような状態でカラコンを装着すれば目にさらに負担がかかり、痛いどころではすまないこともありえます。
いくら目の状態が良くてもやはり目の状態は日によっても、時間によっても異なってきますから、つけると痛いということは十分にありえます。
韓国カラコンが危険といわれる理由は未承認だからということもあるでしょう。
しかし、日本で販売されているものでも韓国製のはたくさんあります。その違いがハッキリ分かりませんが、よほどの粗悪なカラコンでなければ個人輸入のでもそれほど差はないように思うのですがどうでしょうか。
ですので、私がカラコンを探すときは、どれが安全か、どれが危険かなんて考えることなく、どれも危険だと割り切って考えています。
そうしたほうが目に優しくなれそうな気がするからです。
韓国カラコンをただ単に危険なものと思う気持ちも分かるのですが、自分に訪れることをいかにかわすか、受け流すかなど、考えないといけないことはたくさんあります。ある意味氷山の一角だといえるのではないだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加