韓国カラコンで多い支払い方法は?

日本の通販サイトをよく利用する人は、ある程度いつも利用する決済方法というものがあるのではないでしょうか。
クレジットカードか代引きという人が多いらしいですね。
私も楽天やアマゾンで何かを買う時は登録してるカードで買うことがほとんどです。
たまに、使用できるカードのブランドが限られているショップなどでは、代引きを使いますけどね。
さて、なぜそれが韓国カラコンと関係あるのか?

韓国カラコンは怖いから後払いや代引きにしたい?

韓国カラコンは商品注文から届くまでが遅いです。
日本の中で荷物が動くのとは違い、飛行機を使うわけですから当たり前のことです。
でも、普段は注文して翌日かその翌日くらいに荷物が届くことが多い通販サイトを利用していると、その感覚が分からないかもしれません。
ですので、口コミでよくみかける、韓国カラコンを買ったけど全然届かないという声。
注文して2日目とかって人もいてたりします。そんな早く着くことはないんです。

もちろん、個人輸入代行サイトですから、何かあったときにどう対応してくれるか分からないかもしれませんし、不安があるのも確かでしょう。
ですので、支払い方法を後払いに出来れば、商品が届いてからコンビニなどで払えばいいわけですし、代引きなら商品受け取り時でいいわけです。
一番怖いのが前払いですよね。お金を払ったのにものが届かない。それは正直怖いです。
だから、代引きだったり後払いを希望する人が多いのかなと思います。

後払いの制度を知っておきましょう

商品受取後、請求書を元に、振り込んだり、コンビニで支払ったりするのが後払いですが、この方法には多く分けて2通りあります。

  1. 商品に請求書が同梱されているケース
  2. 請求書が商品とは別に届くケース

韓国カラコンの場合は、まず2番目のケースです。
つまり、商品が届くタイミングと前後して、別の会社から請求書が届くんです。
サイト側は、その決済会社と提携しており、注文が入ると、その会社で与信を行います。
支払い能力があるかどうかをチェックするわけです。
それでおOKの場合は、サイト側は商品を発送するだけです。
あとは決済会社と買う側とのこととなります。

ややこしいですが、こういうことを知っておくと、後々不安にならなくて済みますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加